PMIの特徴
当社のPMIの特徴

PMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:Post Merger Integration)とは、企業買収後の統合プロセスを指します。
企業統合を成功に導くためには、大きく2つのポイントがあります。


(1)事前に統合の設計を行う
まずは企業同士を統合するためには、事前に設計することが重要です。
その設計は、企業全体から各部門の業務レベルまで、全体設計から詳細設計まで必要になります。
それにはまずビジネスDDで、買手企業と売手企業の双方の情報を詳細に知ることが大切です。
ビジネスDDで、買手と売手の双方の全体像から詳細の業務レベルまでの現状把握を行い、具体的な統合を立案します。

(2)PMIのプロセスを明確にする
統合の基本的なプロセスは「全体から詳細へ」という流れで統合していきます。
具体的なプロセスは、①経営統合、②管理統合、③業務統合という3段階で実施していきます。

① 経営統合
経営統合とは、経営全般を統合するためのプロセスです。
具体的には、経営理念やビジョンといった基本概念から、会社全体の経営体制や組織体制の再構築、経営戦略・マーケティングの立案、 その他、基幹システムや人事労務などの管理制度の統合も含みます。
この最初の段階は、経営全体の統合を図り、シナジー効果を発揮するための枠組みの設計と言えます。

② 管理統合
管理統合とは、各部門を統合するための運用面でのプロセスです。
具体的には、事業戦略の構築、各部門の組織体制・マネジメントの仕組みの再構築です。
シナジー効果を発揮するために、どのような組織体制やマネジメントで運用していくかを決めるプロセスです。

③ 業務統合
業務統合は、各部門のシステムや業務内容、ルーチンや各種機械装置の統合です。
各部門の具体的な業務を統合し、効率的に運用するための詳細設計のプロセスになります。
その他、他部門とのスムーズな連携のため、部門間連携についても調整します。
全体の枠組みと運用管理を整えた上で、最後に現場レベルの業務を統合することで、業務をスムーズに運営できるようになります。