Case

企業価値を高める具体的な手法を提案しております

コンサルタントとしてのサービス内容や事例を紹介いたします

株式会社レヴィング・パートナーは、事業再生のエキスパートとしてのノウハウを活かし、業績悪化や赤字で苦しむ中小企業様へのコンサルティングを行っています。企業様独自の問題を改善しつつ、的確なマーケティングやブランディングによって企業価値を高め、売上アップやご希望のM&Aを達成できるようお手伝いいたします。サービスの概略や具体的なプラン、サポート事例などを多角度から紹介しておりますので、事業再生やM&Aに興味をお持ちの経営者様はぜひ参考になさってください。
金属加工業/事業再生(事業DD、実行支援)

事業概要
 旋盤加工専門の金属加工会社。旋盤装置2台を保有。
 社員1名の小さな町工場で、売上高は数千万円。事務員もいないため、社長が製造活動、営業活動、金融機関への対応などすべてをこなしている。創業して10年経過しているが、社長は他業種からの参入のため、安定した固定客をつかめず苦戦している。
 社長の技術力は非常に高く、旋盤加工のみで、薄物、深穴、複雑な形状の加工が可能。また、樹脂から被削材まであらゆる素材に対応できる。さらに、30年以上も前の図面の製品化を依頼されて対応するケースもある。

財務状況
 売上は横ばいで推移しているが、価格競争が激しく、営業利益マイナスが続いている。材料は顧客から支給されるため材料費はほとんどなく、限界利益率(限界利益率=限界利益÷売上高、限界利益=売上高-変動費)は80~90%と極めて高い、高固定費のビジネスモデルである。そのため、売上高の少ない企業にとっては利益が出すのが難しい。
 また、顧客別売上高の推移を確認すると、上位数十社はある程度固定されているが、これら上位顧客の売上高は大きく変動しており、安定していない。これは、当社が難易度の高い個別案件をメインに受けていて、かつ低利益率で受注しているからである。量産品は、社長1人で設備も限定的なため当社には依頼が来ない。
 なお、売上高借入金比率は200%を超えており、金融支援を継続的に受けているが、もし約定返済に戻す場合は売上高が2億円追加で必要になる。そのため、事業を継続していくためには、今後も金融支援を受け続ける必要がある。

問題点
 難易度の高い、他社ではできない加工を請け負っているが、価格は量産品と同等で受注していることが最大の問題である。当社のビジネスモデルは高付加価値モデルであり、少ない数の高付加価値の案件を高利益率でなければビジネスが成り立たない。しかし当社は、自社で見積算出方法を決めてはいるが、ほぼ顧客の言い値で受注している。
 また、当社はホームページや営業ツールがなく、当社の強みが伝わらないため、新規顧客の開拓も十分にできていない。

強み
 強みは、社長の旋盤加工の高い技術力である。薄物、深穴、複雑な形状の加工が可能で、樹脂から被削材まで、あらゆる素材に対応できる。さらに、30年以上も前の図面の製品化を依頼されても対応できるノウハウを持っている。

改善策
 改善策は、難易度の高い加工の案件は十分な高値で受注することである。社長並の高いレベルで加工する技術は、他社にはないものである。社長自身は失注することを懸念しているが、安値の案件であれば失注してもいいという覚悟が社長には必要である。
 また、ホームページや営業ツールで、当社の技術を具体的に明文化すること、そして事例を掲載することで、当社の価値を見える化することが重要と言える。そして営業ツールを使って新規開拓を積極的に実施する。昔の図面の加工で悩んでいる会社は多いため、そこをターゲットにして高付加価値で受注していけば、より多くの顧客から、高利益率で安定した受注を獲得できるようになる。


お問合せはこちら

車検整備・鈑金塗装業/事業再生(事業DD)

事業概要
 車検・整備・鈑金塗装事業を運営。
 企業規模は、社員数は10名程度で、売上が約4億円。
 社長の急死により、急遽、専業主婦であった社長の妻が新社長を務めることとなった。しかし新社長は事業に精通しておらず、組織を統制することができない状況。近年業績は大きく悪化するも、経営改善を指揮する力量はない。ただし、各部門は自立した運営をしているため、事業運営自体には問題なく継続できている状態であった。

財務状況
 近年、業績は急激に悪化しており、直近の営業利益は▲3,000万円(売上高営業利益率▲8%)である。業績悪化の原因は売上の減少であり、従来の固定費を賄えなくなっている。
 そこで、同業者で前社長の知人の支援により、徹底的に経費削減等の経営改善を行い、無駄を徹底的に排除した。その結果、業績は大きく改善したが、試算表では依然として営業利益で数十万円/月のマイナスが出ている。そのため、本業の改善が求められる状況といえる。

問題点
 当社が行っている整備や鈑金、車検の案件別の収益管理の状況を確認すると、原価に材料費や外注費、経費は含まれているが、労務費が含まれていないことが判明。そのため、当社では案件別に正確な収益状況を把握できていないことがわかった。
 また、見積算出方法においては、車検の場合、部品交換や塗装の工賃が含まれておらず、また、陸運局までの交通費等の流通コストも含まれていなかった。さらに、整備・鈑金の料金体系が固定化され、長年変更されていない。特に鈑金は、顧客にから料金が見えにくい。つまり企業側にとって料金のコントロールがしやすいにも関わらず、変更されていない。

強み
 強みとしては、当社は顧客管理システムを導入し、DMによる車検の定期集客を行っている。そして車検で来店した顧客に社長が菓子類を振る舞い、会話を楽しむことで、既存顧客との関係性構築に励んでいる。この、他人にすぐに打ち解け合う社長の人柄の良さは、強みの1つと言える。来店客をもてなし、顧客とコミュニケーションを取ることで、早期に顧客との関係性を構築することができている。
 また、鈑金部門のスタッフは全員スキルが高く、短期間で高品質な作業が可能である。さらに整備部門のスタッフも全員1人で作業が可能なスキルを保有している。

改善策
 改善策は、まずは料金体系の見直しである。具体的には、車検の部品交換時の工賃追加、整備・鈑金の基本工賃の値上げ、鈑金修理価格の値上げである。なお、車検については値上をしない。理由は、顧客が車検の料金に対しては敏感であり、競合他社との価格競争も激しいため、値上げによる顧客流出の可能性が高くなるからである。
 続いて原価計算を見直することである。原価計算に労務費を加えて算出し、正確な収益管理を行うことである。
 さらに、営業戦略を見直す。現在訴求できているのは既存顧客の車検のみであるため、オイル交換についてポスティングで新規顧客の集客を図る。そして、従来どおり、来店した顧客に対して社長が菓子類を振る舞って関係性を構築し、顧客情報を獲得してリピート化を図る。これで顧客を増やしていき、売上増加を図っていくのである。


お問合せはこちら

< 1 2 3 4 5 6 7 89 >
「業績が悪化している原因がわからない」「何を、どこから改善すればよいかわからない」「自社の強みが不明確で、具体的な戦略が見えてこない」といったお悩みがありましたら、ぜひ気軽にご相談ください。経営コンサルティング業務を通して中小企業様の事業再生を支援してきた豊富な経験と実績をフル活用し、受注生産を行っている製造メーカーのように、1社ずつにカスタマイズしたサポート計画を構築・提案いたします。事業デューデリジェンスにおいては、短期間で高品質な報告書を作成することを目指しており、机上の空論ではなく、それぞれの企業様に特有の問題点と原因、強みを的確に分析し、それを踏まえて今後の方向性と具体策についてハイクオリティーな提案を行っています。何を目指すべきかが明確になることで意欲と積極性が生まれ、自信を持って事業運営ができるようになりますので、ぜひお任せください。