Case

本質的な経営改善により、企業価値を高める具体的な手法を提案しております

コンサルタントとしてのサービス内容や事例を紹介いたします

株式会社レヴィング・パートナーは、事業再生のエキスパートとしてのノウハウを活かし、業績悪化や赤字で苦しむ中小企業様へのコンサルティングを行っています。企業様独自の問題を改善しつつ、的確なマーケティングやブランディングによって企業価値を高め、売上アップやご希望のM&Aを達成できるようお手伝いいたします。サービスの概略や具体的なプラン、サポート事例などを多角度から紹介しておりますので、事業再生やM&Aに興味をお持ちの経営者様はぜひ参考になさってください。
清酒製造業/事業再生(事業DD)

事業概要

 当社は江戸時代から続く老舗の酒蔵である。

 大吟醸、純米大吟醸、純米酒、特別純米酒、本醸造といった、普通酒以外の「高級レギュラーシュ」という位置づけの商品を取り揃えている。


 日本酒は「淡麗辛口」が流行する中、当社は清酒本来の旨味が味わえる「甘口」にこだわった商品展開を行っている。

 なお、平成に入り、鑑評会で数々の賞を受賞するなど、一定の知名度もある。   


業績

 数々の賞を受賞するが、売上は低迷し、過去10年営業利益が続いている。

 また、直近の売上高借入金比率は200%を超え、借入過多の状態である。


 この借入は、20年程前に、業績好調の中で大幅な設備投資を一気に断行した際のものである。

 しかし設備投資以降売上は低迷し、その後赤字へ転落し、業績が回復しないまま現在に至っている。   


問題点

 課題 問題点は、淡麗辛口のニーズが高まる中、甘口にこだわった商品展開を実施してきたことである。

 清酒本来の味が出る甘口へのこだわりが強く、市場のニーズに合わなくなってきたのである。

 甘口を好む世代は高齢化し、近年の日本酒ブームの主役は、スッキリとしたクセのない辛口である。

 そのニーズに対し、徹底的に反発する商品戦略を打ち出し続けてきたため、新たな日本酒好きの消費者に受け入れられなかったのである。


 また、原材料の米にも徹底的にこだわりを持って製造しているが、商品の特徴や取組み姿勢、製造や材料へのこだわりについて、外部に発信していない。

 「いいものを作れば売れる」という、昔ながらの職人の考えが抜けていないのである。


 このように、当社の大きな問題は、マーケティングの視点が欠如したことである。   


改善策

 改善策は、現在の日本酒好きのニーズに合わせた酒造りに軌道修正することである。

 具体的には、甘口を残しつつ、後味スッキリの淡麗辛口の商品を増やすことである。


 そして当社の原材料や製造工程のこだわりを発信し、差別化を図っていく。

 それを踏まえ、地元ではなく、東京や海外への展開を図りながら、ブランド力を向上させていくのである。


 当社は様々な賞を受賞しているため、その実績を活かしながら、積極的なマーケティング活動を実施していくことが必要である。


お問合せはこちら

梱包・封入業/事業再生(事業DD)

事業概要

 当社は、自治体や企業からの請負で、梱包作業および封入作業を行っている。

 作業の請負のため原材料は段ボールや消耗品のみである。


 自社では、人の手で梱包作業と封入作業を行っており、典型的な労働集約型ビジネスモデルである。

 従業員構成は、正社員が5名とパートが20名ほどで、組織体制は、営業が社長を含めて3名、それ以外はすべて業務を担当している。

 ただし営業は、新規開拓を行っておらず、既存顧客の対応のみであり、既存顧客向け営業は、取引品の引取り・納品の他、顧客に定期的に電話をしたり訪問したりして案件状況を確認している。


 得意先は、自治体、印刷会社や電機メーカー、商社などの企業の他、同業者であり、取引ルートは、自治体や企業からの直接依頼と、同業社からの依頼の2通りである。

 得意先の数は、同業者を含めて十数社であり、既存客からのリピートが主体で、新規の顧客は長い間獲得できていない。

 なお納品は、得意先、或いは得意先指定の納品場所であり、自社トラックで引取りと納品を行っている。   



競合他社分析

 競合他社は5社程度存在しており、1件当りの単価は他社と比べて安価である。

 競合のうち1社は業界大手の企業であり、最新の高速プリンターや封入機を導入して機械化を実現している。

 ただし機械でできない、人手が必要な細かい作業は外注しており、当社の得意先でもある。   



強み

 当社の強みは、「ミスが少ない」「作業スピードが速い(短納期)」であり、本事業で勝ち抜くために必要な要素を備えている。

 既存顧客からの評価も高く、既存顧客のリピート化させる要因となっている。


 これらを実現させている要因は、作業開始前に細かく作業を設計していることである。

 長年の経験で培ったミスなくスピーディに実施できるノウハウを活かして、作業手順やミス発見、管理方法を事前に設計するため、作業員は決められた業務を迅速かつ正確に実施できている。   



問題点

 課題 問題は、かつて大手企業との取引停止、リーマンショックなどの外部環境により業績を大きく落とし、さらには年々売上が減少傾向にあることから、業績は低迷しており、黒字と赤字を繰り返していることである。

 さらには運転資金不足により借入が増えている状況であり、直近の売上高借入金比率は100%を超えてしまい、返済と利息の負担が大きくなっていることである。


 これらの要因はいくつかあり、具体的には以下のとおりである。  


・顧客数が少ない

・新規開拓営業を実施せず長年固定客のみで事業を運営している

・安い料金で受注しているため収益力が低い

・既存顧客からのボリュームディスカウントに対応している。

・パートが多いが、時間管理が徹底できていないため仕事がなくても人件費が発生

・在庫管理ができておらず、棚卸資産回転数が100日を超えている  


 ちなみに、在庫の数が増大しているのは粉飾決算の疑いがあるが、在庫置き場の確認を断固拒否されたため確認はできていない。   



改善策

 改善策としては、まずはパートの時間管理を徹底することである。

 作業手順について緻密に設計しているが、作業状態は未管理のため、手順設計以外に、実際の業務時間を管理し、パートの出退勤管理を徹底することで無駄なコストを削減する。

 そして新規開拓の営業を実施し、顧客数を増やすことである。


 具体的には、まずは既存顧客からの紹介を徹底することが望ましい。

 そして業務品質に課題がある競合他社の顧客を狙って開拓する。


 その他、既存顧客からのボリュームディスカウントは拒否するべきである。

 理由は、労働集約型であるためボリュームが大きくてもコスト削減効果が望めないからである。


お問合せはこちら

< 12 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 >
「業績が悪化している原因がわからない」「何を、どこから改善すればよいかわからない」「自社の強みが不明確で、具体的な戦略が見えてこない」といったお悩みがありましたら、ぜひ気軽にご相談ください。経営コンサルティング業務を通して中小企業様の事業再生を支援してきた豊富な経験と実績をフル活用し、受注生産を行っている製造業のように、1社ずつにカスタマイズしたサポート計画を構築・提案いたします。ビジネスDDにおいては、短期間で高品質な報告書を作成することを目指しており、机上の空論ではなく、それぞれの企業様に特有の問題点と原因、強みを的確に分析し、それを踏まえて今後の方向性と具体策についてハイクオリティーな提案を行っています。何を目指すべきかが明確になることで意欲と積極性が生まれ、自信を持って事業運営ができるようになりますので、ぜひお任せください。