Case

本質的な経営改善により、企業価値を高める具体的な手法を提案しております

コンサルタントとしてのサービス内容や事例を紹介いたします

株式会社レヴィング・パートナーは、事業再生のエキスパートとしてのノウハウを活かし、業績悪化や赤字で苦しむ中小企業様へのコンサルティングを行っています。企業様独自の問題を改善しつつ、的確なマーケティングやブランディングによって企業価値を高め、売上アップやご希望のM&Aを達成できるようお手伝いいたします。サービスの概略や具体的なプラン、サポート事例などを多角度から紹介しておりますので、事業再生やM&Aに興味をお持ちの経営者様はぜひ参考になさってください。
製薬関連機器製造/事業再生(事業DD)

事業概要


 製薬関連機器等の製造業で、勤続・樹脂・ゴム・ガラスなど各種加工の特注製品を、製図から制作、配送までワンストップで対応している。


 当社の製品は、大きく「量産品」と「特注品」に分かれている。

 量産品の販売先は1社のみであるが、売上全体の3割を占めている。

 特注品の販売先は60社以上あり、その多くは顧客側で製図を行わないため、要求に対して当社にて製図の工程が入るのが特徴である。


 具体的には、顧客の依頼に対して、当社が制作物のイメージや寸法等のヒアリングを行い、その後自社にてCADを使って図面を作成し、見積書と合わせて図面を顧客に提示する。

 この工程は、他社にはできない当社の強みとなっている。


 また、当社は様々な加工をワンストップで請け負っており、当社工場で行う加工は金属の切削加工と溶接であり、それ以外は外注である。   



業績


 当社の業績は、長年経常利益で黒字を維持しているが、売上高経常利益率は1%程度であり、長年利益は低迷しているといえる。   



強み


 当社の強みは、1つめは様々な加工をワンストップで対応できることである。

 これは、社長の高い知識と経験によるものである。


 2つめは、顧客の要求に対して迅速に製図を行うノウハウを保有していることである。


 3つめは、多くの製薬関連の得意先との信頼関係である。

 上記の製図を行うことで囲い込みができている。


 4つめは、自社で実施できない加工の外注先を確保していることである。

 これにより、顧客からワンストップで対応することができ、顧客との直接取引に寄与しているといえる。   



問題点、課題


 当社の最大の問題は、特注品の利益率が低いことである。

 本来であれば、量産品(見込生産)よりも、受注生産の特注品の利益率が高いはずであるが、顧客別の利益率を見ると、量産品と特注品の粗利率はほぼ同等であった。

 これは、受注生産の見積の計算方法に不備があることが原因である。


 具体的な不備は以下のとおりである。


・見積原価には、経費とロス費が考慮されていない。

・見積の労務費の合計が、決算書の労務費の半分程度と大幅に下回っている。これは見積時の労務費の産出額が不足していることを意味する。

・本来であれば受注生産は競合がないため高い利益率が望めるが、量産品と同じ利益率で計算している。


 その他、当社は図面チェックが未徹底のため、ミスが多く、ロスも多い状況である。

 ロス費が見積に含まれていないことも問題であるが、そもそもロスを削減する体制が構築されていないことが問題である。   



改善策


 1つめは、見積の計算方法を改善することである。

 具体的には、まずは労務費を正確に見積る必要がある。


 本来であれば、実際の作業時間を割り出し、見積の作業時間との差異分析を行った上で改善することが望ましいが、当社には実際の作業時間のデータが残っていない。

 そのため、合計の差異が2倍の開きがあるため、個別に調整は必要ではあるが、とりあえずは労務費を通常の見積金額の2倍に設定することが望ましい。


 さらに、粗利率を通常よりも高く設定することである。

 受注生産のため競合はなく、図面作成やワンストップ対応などにより既存顧客の囲い込みができているため、見積金額をある程度高く設定しても顧客が流出する可能性は極めて低いといえる。


 これにより、一気に売上高経常利益率を改善することが可能となり、健全な経営を行うことができる。


 さらに、図面のチェック体制を強化してミスをなくし、ロスを削減する取組みも合わせて実施することが重要である。


お問合せはこちら

旅館/事業再生(事業DD)

事業概要


 当社は地方温泉にある2つの旅館を運営。

 1つは全室が30室強、収容人数150名程度の中級レベルの旅館、もう1つは10室程度の高級旅館である。


 当社は以前、業績が大きく落ち込み、一時は売上高営業利益率が▲40%強まで悪化し、売上高借入金比率は300%を超えた。

 そして事業承継により息子が新社長に就任し、10年弱で売上を2倍以上に増加させ、みごとに営業利益を黒字化させた。

 そして、某ネットエージェントの口コミでは双方の旅館とも高い評価評価を得ており、同温泉地の他旅館と比較すると、高級旅館は全体で2番目の評価、中級旅館も5番目に位置するまでになった。


 借入金も、当時作成した事業計画どおりに順調に返済し、最悪時期の半分まで減少させた。

 ただし、売上高借入金比率は依然として100%を超えている借入過多状態であり、金融機関としては、収益が改善している現在では返済額を上乗せするべきであると主張。

 一方で社長は、業績の回復には投資が必要であり、返済額の上乗せは難しいと主張している。   



社長の再生の取組み


 社長はさまざまな取組みで旅館の価値を向上させた。

 具体的には、まずは敷地内の公園をライトアップするなどアート化を推進し、集客力を高めた。

 また、本公園で、昆虫採集ツアーや釣り体験など、子供が楽しめる体験プログラムを実施し、その他バーベキューや縁日コーナーなど、1日遊べる空間を作り上げた。


 施設は、各部屋のリノベーションや、露天風呂の追加などを行い、各部屋の価値を向上させ、客単価を向上させた。

 その他、SNSで徹底的に情報を発信し、全国に価値を浸透させていき、ガイドブックで高評価を得るまでになった。


 このように、社長は矢継ぎ早に施策を実行し、集客力を大きく増やすことに成功し、短期間でV字回復を実現させた。


 しかもこれらは決して小手先の施策ではなく、すべてが旅館の価値を向上させるためのものとなっている。

 社長のブレない理念と明確なビジョンにより実現したものといえる。   



課題


 当社がリノベーションを先行させているのは、高級旅館の方である。

 そして高級旅館の部屋のリノベーションは概ね終了したが、いくつか露天風呂がない部屋があり、早急に露天風呂を導入する必要がある。


 一方で、中級旅館の部屋のリノベーションや改装は手付かずのままの状態となっている。

 建屋の裏は古びており、顧客には到底見せることができない状況である。


 また、未使用の部屋が幾つかあり、雨漏りがしているところもあるが、放置状態である。


 さらに屋上は、見晴らしがよく、かつてはここでビアガーデンを実施していた。

 しかし現在は、洗濯物を干す場所になっている。

 ここもリノベーションによって価値を高められる場所といえる。


 その他、社長自身が率先して再生に取り組んでいるため、社長についてこれず、不満を持つ社員も存在していた。   



改善策


 当社は様々な改革で企業価値を向上させてきた。

 しかしまだ道半ばであり、この取組みを停止してまで返済を優先させる必要はないと判断する。


 改善策としては、組織体制の再構築である。

 すべてを社長が指示しているため、部門長に権限を委譲し、部門で自浄機能、統率機能を発揮させるようにして、ルーチン業務については支配人が管理する体制を構築する。


 そして社長は引き続き、リノベーション等の価値向上に注力すればいい。


 社内に不満分子が存在するのは一部であり、社長自身が積極的に再生へ取組んできた副作用であり、大きな問題ではないと考えられる。

 ただし、今後は社員とのコミュニケーションを積極的に行い、現在社長自身が行っている再生への取組みについて理解を得られるようにすることが大切である。


お問合せはこちら

< 12 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 >
「業績が悪化している原因がわからない」「何を、どこから改善すればよいかわからない」「自社の強みが不明確で、具体的な戦略が見えてこない」といったお悩みがありましたら、ぜひ気軽にご相談ください。経営コンサルティング業務を通して中小企業様の事業再生を支援してきた豊富な経験と実績をフル活用し、受注生産を行っている製造業のように、1社ずつにカスタマイズしたサポート計画を構築・提案いたします。ビジネスDDにおいては、短期間で高品質な報告書を作成することを目指しており、机上の空論ではなく、それぞれの企業様に特有の問題点と原因、強みを的確に分析し、それを踏まえて今後の方向性と具体策についてハイクオリティーな提案を行っています。何を目指すべきかが明確になることで意欲と積極性が生まれ、自信を持って事業運営ができるようになりますので、ぜひお任せください。