中小零細企業と大企業の違い①:所有と経営の一致/M&Aのビジネスデューデリジェンス(ビジネスDD)

query_builder 2020/12/07
ブログ
M&A

 中小零細企業と大企業では、実は経営の参考書等では書かれていない様々な違いがあります。そして経営の参考書やビジネス書などに書かれている内容の多くは大企業に関する内容であり、中小零細企業には当てはまらないケースも少なくありません。


 そのため、M&Aで大会社のサラリーマンが買収して中小零細企業の経営者になった場合、大企業と同じような感覚で、教科書通りや、サラリーマン時代で経験した大企業の感覚で経営をしてしまい、その結果、うまく経営できず業績を悪化させているケースが多発しています。


 中小零細企業の経営をまずは中小零細企業の実態を理解し、それを踏まえて評価しなければ、中小零細企業をうまく経営することはできません。そこで、中小零細企業の実態について、8回にわたって大企業と比較しながら説明していきます。


 中小零細企業と大企業の違い1回目は、「所有と経営の一致」です。


大企業は、所有と経営が分離されている

 中小零細企業と大企業の違いの最初は、よく書籍などでも取り上げられている「所有と経営の一致」です。


 大企業の場合、所有と経営がしっかりと分離されています。企業を所有しているのは株主であり、多くの場合、大企業の社長は株主ではありません。大企業の社長は「サラリーマン社長」と呼ばれることがありますが、株主から経営を任されて事業を運営しています。


 そのため、いくら業績を悪化させても責任の範囲は限定的で、社長を退任するだけでいいのです。持ち家などの資産や個人の預貯金など、個人の財産を取り上げられることはありません。


 また、経営を悪化させて退任する場合でも、しっかりと巨額の退職金を手にすることができます。大企業の責任の取り方は「退任」であり、知名度のある会社は社会的な責任が発生することもありますが、通常は退任以外で個人的に被害を受けることはありません。


中小零細企業は、社長が株主であり、連帯保証人

 一方で中小零細企業は大企業と異なり、所有と経営が分離されていません。経営者が大半の株を保有しており、経営者自身が大株主であることが非常に多いのが特徴です。


 この場合、企業は経営者個人が所有して、経営者自ら経営しているため、経営者個人と企業は一体であるとみなされます。さらに、中小零細企業が銀行から借入をする場合、経営者個人が連帯保証人になります。


 つまり、経営が悪化して企業が銀行からの借入を返済できなくなった場合、経営者自身が、個人の預貯金や、個人で所有している持ち家や土地などの不動産を売却してでも、会社の借入を返済しなければならないのです。「退任」だけでは済まされません。


 そのため、経営状況が低迷して資金繰りが厳しくなり、金融機関から借入できない状況に陥った場合、経営者の個人資金を会社に投入したり、お勧めできませんが、経営者個人で借入をして会社に投入したりすることも行われています。これは、会社を倒産させてしまったら経営者は個人の資産をすべて失う可能性があるからです。


 このように、中小零細企業の経営者にとって経営というのは、生活のすべてに影響するものなのです。

NEW

  • 大企業あるある④:ルール依存体質、忖度体質/中小企業の事業再生コンサル

    query_builder 2021/01/18
  • 大企業あるある③:職域へ執着、チャレンジしない/中小企業の事業再生コンサル

    query_builder 2021/01/15
  • 大企業あるある②:組織の硬直化/中小企業の事業再生コンサル

    query_builder 2021/01/11
  • 大企業あるある①:意思決定が遅い/中小企業の事業再生コンサル

    query_builder 2021/01/08
  • 中小零細企業と大企業の違い⑧:ブランド力が弱い/M&Aのビジネスデューデリジェンス(ビジネスDD)

    query_builder 2021/01/04

CATEGORY

ARCHIVE